上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.06.30 梅雨空の中
先週金曜日、義妹の49日法要が行われ、ひと区切りが付きました
義弟の挨拶の中で
「声を掛けても、返事が返って来ないのが残念です
  でも、死んだとは思っていません。これからもずっと一緒です」
とても素直な挨拶で、義弟の気持ちが痛いほど伝わって来ました
こうして書いていても、涙が出て来ます


その準備もあって前日から田舎に行っていましたが
くよくよばかりもしていられません
その間をぬって、見積もりをお願いしていた工務店さん(A)と会いました
お願いしてから、一ヶ月以上経っています
見ると、私たちが予定していた額の倍も掛かると言います 
見直しや変更を打ち合わせ、もう一度見積もりし直して貰う事になりました

ここだけでは不安なので、もう一社に見積もりをお願いしようと
ネットで調べ、気に入った工務店(B)にメールをしたら、
早速25日に来てくれ、家を見て貰い、
こちらの希望を話したら、予算内で出来ると返事を貰いました 
10日後には見積もり書が出来ると言うので
次の会う日も決めて来ました
対応が早くて、気持ちいいです 
 

A店は、どんな風にでも出来ると言うけど、とにかく対応が遅い…
B店は、この柱は残さなければいけない柱だとか、ここはこうしたらどうかとか
     私が思っていた不安材料に、はっきり答えてくれる…

金額も大事ですが、やっぱり信頼も大事だと思います
さぁ、今後どうなるでしょう

6291.jpg

梅雨の中、薔薇が控えめに咲いています

6292.jpg

6293.jpg

ジュンベリーの木に赤い実が付きました

6294.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。